哪有抢红包活动出版部协会

?

哪有抢红包活动と社会を结ぶ科学コミュニケーション

A5判
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7985-0270-0 C3036
奥付の初版発行年月:2019年09月 / 発売日:2019年09月中旬

内容绍介

わが国の科学技术イノベーション政策の根干を规定した「第4期科学技术基本计画」(2011年8月19日阁议决定)には、「社会と科学技术イノベーションとの関系深化」という一节が设けられている。そこには、国民と政府、研究机関、研究者との间で认识を共有することができるよう、双方向のコミュニケーション活动を积极的に推进していくことが重要であると记载されている。

このような国民と科学研究の担い手をつなぐ双方向のコミュニケーション活动は、一般的に「科学コミュニケーション活动」と呼ばれている。そのような活动を活発化させることによって、国民の科学技术理解が増进され、研究者など科学研究の担い手の侧は社会的リテラシーを増大させることができると期待されている。

では、どうすれば、そのような双方向の科学コミュニケーション活动を活発化させることができるのだろうか。特にわが国の哪有抢红包活动及び公的研究机関の内部ではどのような努力が求められるのだろうか。これらを明らかにすることが、本书の目的である。

着者プロフィール

小林 俊哉(コバヤシ トシヤ)

九州哪有抢红包活动科学技术イノベーション政策教育研究センター准教授
早稲田哪有抢红包活动哪有抢红包活动院社会科学研究科修士课程修了
东北哪有抢红包活动哪有抢红包活动院工学研究科博士课程後期修了
学位:工学(博士、东北哪有抢红包活动)

日経ピーアール、电通サドラー&ヘネシー等の広告会社勤务を経て、1992年から2002年まで
财団法人未来工学研究所において科学技术政策、环境政策研究等に従事。2002年から2004年
まで东京哪有抢红包活动先端科学技术研究センターの特任助教授として先端科学技术研究戦略研究に従事。
2004年から2009年まで北陆先端科学技术哪有抢红包活动院哪有抢红包活动科学技术开発戦略センター助教授、准教
授を歴任。2009年6月より富山哪有抢红包活动地域连携推进机构特命教授を経て、2012年4月より现职。
科学技术社会论学会理事。

着书に『ロシアの科学者』(単着 东洋书店 2005年)、『ラボラトリー=スタディーズをひらく
ために―日本における実験系研究室を対象とした社会科学研究の试みと课题』(伊藤泰信 编
第7章を执笔 JAIST Press 2009年)がある。

上记内容は本书刊行时のものです。

目次

 序

第1章 科学コミュニケーションの歴史と课题

 1.1 科学コミュニケーションの定义
 1.2 科学コミュニケーションの歴史
 1.3 科学技术基本计画と科学コミュニケーション
 1.4 科学コミュニケーション研究の课题
 1.5 本章のまとめ

第2章 哪有抢红包活动及び公的研究机関における科学コミュニケーション活动の実态

 2.1 质问票调査の概要
 2.2 调査项目の设计
 2.3 调査结果の概要
 2.4 本章のまとめ

第3章 哪有抢红包活动及び公的研究机関向け质问票调査结果の统计解析(1)
   ――広报体制と研究者の协力  

3.1 科学コミュニケーション活动への研究者の协力要因
3.2 统计解析の方法
3.3 分析结果
3.4 本章のまとめ

第4章 哪有抢红包活动及び公的研究机関向け质问票调査结果の统计解析(2)
   ――报道机関との连携、危机管理と研究者の协力  

4.1 报道机関との连携、被报道状况モニタリング、危机管理の重要性
4.2 统计解析の方法
4.3 分析结果
4.4 本章のまとめ

第5章 広报体制の事例分析 ――九州哪有抢红包活动の事例をもとに  

5.1 広报体制検讨の课题
5.2 调査の概要
5.3 调査结果
5.4 本章のまとめ

第6章 社会的ニーズ収集具体例の事例分析
   ――北陆先端科学技术哪有抢红包活动院哪有抢红包活动の事例をもとに  

6.1 北陆先端科学技术哪有抢红包活动院哪有抢红包活动(JAIST)の概要と课题
6.2 社会イノベーション事业の端绪
6.3 地域社会のニーズを収集する方法としての学官连携协定
6.4 学官连携协定を基础とする科学コミュニケーション活动としてのサイエンスカフェ
6.5 4年间の実践结果の考察  哪有抢红包活动が社会的ニーズを収集するために必要な组织基盘
6.6 本章のまとめ

第7章 科学コミュニケーションの応用的展开 ――研究伦理教育への応用の可能性  

  7.1 研究不正と科学研究への社会的信頼の低下
 7.2 日本で频発する研究不正事件
 7.3 日本政府の対応  「研究活动における不正行为への対応等に関するガイドライン」の策定
 7.4 e-learning とテストクイズ形式による研究伦理教育
 7.5 CITI JAPAN PROGRAM の効用と课题
 7.6 科学コミュニケーションを応用した研究伦理教育の実践
 7.7 実际に哪有抢红包活动院生の伦理感は向上したか
  7.8 本章のまとめ

第8章 考察と结论、今後の展望

  8.1 哪有抢红包活动及び公的研究机関の実态调査から分かったこと
  8.2 広报体制?広报担当者の望ましいあり方
 8.3 広报部门の组织活动の影响
 8.4 九州哪有抢红包活动の具体事例から分かったこと  広报体制
 8.5 北陆先端科学技术哪有抢红包活动院哪有抢红包活动の具体事例から分かったこと  社会的ニーズの収集方法
 8.6 科学コミュニケーションの研究伦理教育への応用の可能性
 8.7 结  论
 8.8 今後の展望

 参考文献
 参考资料 质问票
 谢  辞
 事项索引
 人名索引


一般社団法人 哪有抢红包活动出版部协会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 东京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン万六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲载さ>れている文章?写真?イラストの着作権は、それぞれの着作者にあります。
当协会 スタッフによるもの、上记以外のものの着作権は一般社団法人哪有抢红包活动出版部协会にあります 。