哪有抢红包活动出版部协会

?

介护保険解体の危机 谁もが安心できる超高齢社会のために

A5判 238ページ 并制
定価:2,300円+税
ISBN978-4-588-67524-9 C0036
奥付の初版発行年月:2019年08月 / 発売日:2019年08月下旬

内容绍介

介护の负担を家族に押しつけず、社会全体で支える制度として2000年に导入された介护保険。しかし社会保障财源不足を背景に、介护サービス利用が制限され、要介护度の低い高齢者が保険対象から外されるとともに、职员の离职も止まらず、制度は実质的に解体しつつある。危机はなぜ生じたのか? 超高齢社会にはどんな制度设计が必要なのか? 介护の実体験をふまえた、経済学者からの紧急の提言。

着者プロフィール

下野 恵子(シモノ ケイコ)

岐阜県に生まれる。名古屋哪有抢红包活动経済学部卒业。経済学博士(神戸商科哪有抢红包活动、现兵库県立哪有抢红包活动)。名古屋哪有抢红包活动経済学部助手、新泻産业哪有抢红包活动経済学部讲师?助教授、东京経済哪有抢红包活动経済学部助教授、名古屋市立哪有抢红包活动哪有抢红包活动院付属経済研究所教授?所长などを歴任。この间、オーストラリア国立哪有抢红包活动、ニューサウスウェルズ哪有抢红包活动、マッセイ哪有抢红包活动(NZ)、オックスフォード哪有抢红包活动などに、客员研究员?客员教授として研究滞在。
介护保険导入前より介护保険制度、介护职员の赁金?待遇、介护サービス産业に関する研究を开始する。主な研究分野は、マクロ経済学、労働経済学、财政学。现在、立命馆哪有抢红包活动BKC社系研究机构?客员研究员、専修哪有抢红包活动経済学部非常勤讲师。
着书:『资産格差の経済分析』(名古屋哪有抢红包活动出版会、1991年)、『个人贮蓄とライフサイクル』(橘木俊诏氏との共着、日本経済新闻社、1994年。第37回日経?経済図书文化赏受赏)、『介护サービスの経済分析』(大日康史?大津广子氏との共着、东洋経済新报社、2003年)、『看护师の熟练形成』(大津广子氏との共着、名古屋哪有抢红包活动出版会、2010年)、『「所得増税」の経済分析』(ミネルヴァ书房、2017年)。

上记内容は本书刊行时のものです。

目次

はじめに

序 章 「家族介护」の呪缚、在宅介护を支える访问介护サービス
1 母の介护で学んだ介护保険の重要性とホームヘルパー?介护职员の専门性
2 本书の目的と构成

第1部 介护保険の歴史──诞生から缩小を経て解体へ

第1章 介护保険导入の背景と公的介护サービスの必要性
1 はじめに
2 介护を必要とする高齢者の増加──平均寿命の延び
3 公的介护サービスを求める高齢者──高齢単身?夫妇世帯の増加と経済的自立
4 介护保険导入以前の高齢者介护──老人病院への「社会的入院」の急増
5 医疗保険の膨张と介护保険の导入
6 医疗保険の补完としての介护保険──「医疗施设」が介护施设とみなされる不思议
7 まとめ

第2章 介护保険の诞生と生活援助サービスの缩小?利用制限の歴史
1 はじめに
2 介护保険の诞生──日本とドイツの介护保険の财源と介护认定の违い
3 日本における介护认定の方法とその问题点
4 介护専门职の导入──介护福祉士とホームヘルパー、そしてケアマネジャー
5 介护保険で提供されるサービスの种类と利用者数
6 要介护认定者の増加と「生活援助サービス」の缩小?利用制限の歴史
7 介护费用の増加と保険料の引き上げの歴史、そして介护保険収入増のための提案
8 まとめ

第3章 消费税率引き上げ延期で始まった「軽度者」の切り离しと介护保険解体
1 はじめに
2 野田民主党内阁の「税と社会保障の一体改革」と三党合意、そして合意の破弃
3 消费税率引き上げ延期──年5兆円の社会保障财源の消失と社会保障水准の低下
4 介护保険の解体 ① 要支援1?2の「介护保険からの切り离し」と「総合事业への移行」
5 介护保険の解体 ② 介护报酬の大幅な引き下げ(?2.27%)と介护事业所数の减少
6 介护保険の解体 ③ 特别养护老人ホームの利用制限 (要介护3以上)と「介护医疗院」の导入
7 介护保険の解体 ④ 自己负担引き上げによる介护サービス利用の抑制
8 介护保険の解体 ⑤ 介护认定の厳格化による介护保険対象者数の抑制
9 まとめ

第2部 政府の介护职员不足対策──无资格の介护労働者の导入

第4章 2012年以降の介护职员不足の深刻化と政府の介护职员不足対策
1 はじめに
2 2012年以降のホームヘルパーの求职者の急减──2016年にはわずか1,700人
3 介护施设で働く介护职员不足の深刻化──2016年の有効求人倍率は4.8倍
4 访问系介护职员数の低迷と入所系介护职员数の伸び──在宅介护中心から施设介护中心へ
5 介护职の不人気──介护福祉士养成校入学者が激减
6 人手不足でも介护职员の赁金が上がらない理由
7 政府の介护职员不足対策──无资格の雇用者、ボランティア、外国人労働者の活用
8 まとめ

第5章 在宅介护サービスへの无资格の雇用者?ボランティアの导入
1 はじめに
2 「介护予防?日常生活支援総合事业(総合事业)」と介护保険の违い
3 无资格の雇用者とボランティアの活用──総合事业の「访问型サービス」と「通所型サービス」
4 総合事业の低报酬介护の课题──担い手不足と地方経済の衰退
5 低报酬介护の担い手を継続的に确保できるか?
6 「軽度者」の介护を考える──访问介护サービス利用の国际比较
7 まとめ

第6章 介护施设の职员不足と外国人介护労働者?介护ロボット
1 はじめに
2 外国人介护労働者の受け入れ制度──必要とされる日本语のレベルと介护知识
3 EPAによる介护福祉士候补の受け入れの目的と実态
4 EPA介护福祉士の受け入れは合理的な政策か──プログラムの内容と税金投入
5 「特定技能1号」の介护分野による大量の外国人労働者受け入れ
6 大量の外国人介护労働者受け入れの介护施设への影响
7 介护ロボットの导入?IT化は介护职员不足対策になるか?
8 まとめ

第3部 3つの选択と介护保険の未来──あなたが必要とする介护サービスとは?

第7章 介护保険の未来を考えるヒント
1 はじめに
2 介护保険缩小?解体政策を考える──介护保険対象者が要介护3以上になる日
3 介护资格を考える──无资格の雇用者?外国人介护労働者导入の意味
4 ホームヘルプサービスの未来を考える──访问介护サービス公営化の提案
5 新たな介护施设「介护医疗院」を考える──医疗系施设の増加と介护保険の医疗化
6 介护サービス産业の未来を考える──10兆円産业と女性労働の未来はどうなる?
7 まとめ

第8章 3つの选択と2025年の介护保険?介护サービス供给体制
1 はじめに
2 《选択1》政府案──介护保険対象者は要介护3以上
3 《选択2》2018年の介护保険の维持──介护保険対象者は要介护1~5
4 《选択3》2000年の介护保険──介护保険対象者は要支援?要介护の全员
5 负担増は无理?──日本はOECD诸国で最低レベルの税?社会保障负担
6 国际比较からみえる日本人の负担増への拒否感と「家族介护」への期待
7 まとめ

おわりに
付録──幸せな老後生活を支える最低保障年金と公共住宅?公的介护施设
参考文献
索 引


一般社団法人 哪有抢红包活动出版部协会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 东京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン万六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲载さ>れている文章?写真?イラストの着作権は、それぞれの着作者にあります。
当协会 スタッフによるもの、上记以外のものの着作権は一般社団法人哪有抢红包活动出版部协会にあります 。